不動産の相続手続きだけで無く、銀行預金の相続手続きについても、司法書士にご依頼いただくことができます。

亡くなられたご家族(被相続人)の財産中に、不動産(土地、建物、マンション)がある場合には、その名義変更手続きを司法書士に依頼するのが通常です(この手続きが不動産の「相続登記」です)。

けれども、不動産の相続手続きが必要な場合だけで無く、相続財産が銀行預金等だけであるときでも、司法書士に相続手続きを依頼することができます。さらに、銀行での手続きに必要な戸籍等の取得も司法書士におまかせいただくことができます。

つまり、司法書士に銀行預金の相続手続きを依頼すれば、市役所などでの戸籍等の収集から銀行窓口での手続きまでのすべてを、司法書士が代理人となってすることができますから、時間のかかる面倒な手続きを相続人ご自身がおこなわずに済むのです。

なお、このページでは銀行預金の相続手続きと表記していますが、ゆうちょ銀行の貯金、信用金庫、信用組合などの預金についても、銀行預金と同様にご依頼いただけます。

銀行預金の相続手続き(目次)
1.司法書士に頼める相続手続き
2.各種手続きにかかる費用
2-1.銀行預金の相続手続き
2-2.法定相続情報一覧図の作成

1.司法書士に頼める相続手続き

司法書士に銀行預金の相続手続きをご依頼いただいた場合、次のような手続きを全ておまかせいただけます。

  • 戸籍(除籍・改製原戸籍)謄本の取得
  • 銀行における預貯金の相続手続き
  • 法定相続情報一覧図の作成

上記の手続きに加えて、相続財産中に不動産がある場合、相続登記(名義変更)もあわせて当事務所へご依頼いただくのが通常であり、トータルでの手間や費用を抑えることができますが、銀行預金の相続手続きのみであってももちろんご依頼いただけます

銀行預金の相続手続きをする際には、被相続人の出生から死亡するに至るまでの全ての戸籍(除籍・改製原戸籍)謄本など多くの書類を集める必要があります。

けれども、相続人から銀行預金の相続手続きのご依頼をいただいた司法書士は、戸籍等の必要書類のすべてを相続人に代わってお取りすることが可能です。よって、預貯金の相続手続きを司法書士に依頼するのにあたって事前の準備は不要です。

また、銀行など金融機関における預貯金の相続手続きでは、手続き完了後にすべての戸籍等を返却してもらえるのが通常です(銀行窓口へは戸籍等の原本を持参する必要がありますが、銀行でコピーを取った後に原本は返却してもらえます)。

そこで、まずは司法書士に銀行預金等の相続手続きを依頼し、手続き完了後にお返しする戸籍等を使って、ご自分でその他の手続きをおこなうということも可能です。

さらに、銀行預金の相続手続きとあわせて、法務局での法定相続情報一覧図の作成の手続きをご依頼いただけば、その後の相続手続きでは戸籍等の代わりに法定相続情報一覧図を使用することもできます。

2.各種手続きにかかる費用

銀行預金の相続手続き、法定相続情報一覧図の作成にかかる費用(司法書士報酬)は次のとおりです。遺産分割協議書の作成が必要な場合など、必要な手続きによって費用が変わってきますが、当事務所ではご依頼いただく前に必ずお見積もりをしています。

2-1.預貯金の相続手続き

銀行預金の相続手続きのみをご依頼いただいた場合の基本報酬は上記のとおりですが、相続や遺贈などによる不動産登記とあわせてご依頼いただいた場合には43,200円で承ります。

ご依頼いただく金融機関が2社以上の場合、1社当たり43,200円を加算します。また、松戸市内に支店のない金融機関で出張が必要となるときは、日当(1回10,800円~)がかかります。

また、手続きに必要な戸籍謄本(除籍謄本、改製原戸籍)や住民票(戸籍の附票)などの取り寄せも、司法書士にすべておまかせいただくことができます。この場合の費用は、実費プラス書類1通あたり1,080円の手数料のみで承っています。

2-2.法定相続情報一覧図の作成

上記の司法書士報酬は銀行預金や不動産などの相続手続きとあわせて、法定相続情報一覧図の作成をご依頼いただく場合です。法定相続情報一覧図の作成のみを単独でご依頼の場合には、法定相続情報一覧図作成の司法書士報酬は32,400円となります。

また、法務局へ「法定相続情報一覧図の保管及び交付の申出」をする際に必要な戸籍等の取得代行については、書類1通あたり1,080円の手数料と実費のみで承っています。

ただし、法務局での法定相続情報一覧図の作成が完了した後には戸籍等の原本が返却されます。したがって、銀行預金の相続手続きのために取得した戸籍等を使用して法定相続情報一覧図の作成をすることができるので、戸籍等はそれぞれ1通ずつを取得すれば足りることになります。