特別代理人選任審判書(遺産分割協議)の記載例

家庭裁判所から交付される、遺産分割協議についての特別代理人選任審判書の記載例です。この選任審判書は、申立時に提出した遺産分割協議書(案)とホチキスで綴じられ、「裁」の文字の契印がされています。

土地や建物の不動産相続登記や、その他の遺産相続手続きをするには、この特別代理人選任審判書が必要書類となります。

平成○○年(家)第1234号

審判

本籍 千葉県柏市柏一丁目○番地

住所 千葉県流山市松ヶ丘四丁目○番地

申立人 松戸 一子

本籍及び住所 申立人と同じ

未成年者 松戸 花子

平成○年1月1日生

上記申立人からの特別代理人選任申立事件について,当裁判所はその申立てを相当と認め,次のとおり審判する。

主文

被相続人亡松戸太郎(平成○年○月○日死亡)の遺産について別紙のとおり分割協議をするにつき,未成年者松戸花子の特別代理人として,

住所 千葉県松戸市松戸1000番地

氏名 野田 一朗

を選任する。

平成○年○月○日

千葉家庭裁判所松戸支部
  家事審判官 我孫子 三郎

これは謄本である。

同日同庁
裁判所書記官 市川 五郎 (印)

特別代理人選任の関連情報

このページの先頭へ