相続登記の種類

相続による不動産の名義変更(相続登記)には、遺言書、遺産分割協議書、法定相続による場合の3通りがあります。なお、遺言書により相続人以外の人に不動産を与えるとしている場合は、相続登記では無く遺贈の登記となります。

遺産分割協議による相続登記

法定相続人が2人以上いて、そのうちの1人に名義変更をするときには、遺産分割協議による相続登記をします。相続人の共有名義にする場合であっても、法定相続分と異なる割合にするときはこのパターンです。

遺言による相続登記

被相続人が遺言書を作成し、その遺言により誰が不動産を相続するかを指定している場合には、遺言による相続登記をするのが原則です。

法定相続による相続登記

法定相続人が1人のみの場合、また、法定相続人が2人以上であっても、その法定相続分での共有名義に登記する場合には、法定相続による相続登記となります。